2013年06月23日

浅尾拓也、待望の実戦登板!!(2013/6/23ナゴ球DvsCファーム戦)

ナゴヤ球場に行ってまいりました!!
ドラゴンズvsカープの2軍戦です。

試合は、10-2で、ドラゴンズ、カープに快勝

この試合、実は...
浅尾拓也投手の待望の実戦復帰登板の試合でした。

浅尾投手、実戦復活!!


だから、ナゴヤ球場はスゴイお客さんでした。

その浅尾くんの結果は...
7回表に登板!!
1イニングを3者凡退に(≧∇≦)すばらしいー
MAX144Km!!1イニング(9球)被安打0、失点0の堂々たるピッチングでしたー!!
\( ^O^ )/

SANSPO.COMより
中日・浅尾、2軍戦で1回無失点
右肩を痛め、開幕から2軍で調整している中日の浅尾が23日、ウエスタン・リーグの広島戦(ナゴヤ)で1、2軍を通じ今季初登板を果たし、1回を無安打無失点だった。高木監督は「戻ってこられるにこしたことはない」と歓迎していた。(共同)


浅尾くん、早く1軍のマウンドに戻ってきてほしい〜!!
もちろん、無理は禁物だけど、浅尾くんが戻ってくれば、ナゴヤドームが盛り上がります!!

ずたスポ2011年12月1日号 祝!!浅尾拓也2011MVP!!


この時の輝きを
もう一度!!

待ってます!!


以上、浅尾拓也、待望の実戦登板!!(2013/6/23ナゴ球DvsCファーム戦)でした!!

  







posted by ずたたん at 16:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

セ・パ交流戦終了!!(2013/6/16)


マリーンズvsドラゴンズ!!a>



セ・パ交流戦 2013/06/16(日)
▼ロッテ−中 日 4回戦 (ロッテ3勝1敗、QVCマリン、13:00、22242人)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9
中 日 2 0 3 0 0 0 0 0 0=5
ロッテ 0 3 0 0 0 0 5 1 0=9
【投手】
(中)山本昌、武藤、鈴木、小林、福谷、中田賢、田島−小田、松井雅、谷繁
(ロ)大嶺、藤岡、松永、ロサ、益田−江村、川本
【責任投手】
(勝)藤岡13試合4勝4敗
(敗)福谷4試合1敗
【本塁打】
(中)
(ロ)
【戦評】 
ロッテは2点を追う七回に今江の2点二塁打で追い付き、代打大松の2点適時打などで、この回5点を奪って逆転した。2番手の藤岡が三回途中から七回まで無失点の好救援で4勝目。中日は七回に福谷、中田賢が打たれた。

ルナ!!

SANSPO.COMより
存在感キラリ!中日・ルナ、交流戦打率・344
中日のルナは交流戦に入っても存在感は抜群だった。この試合も一回に大嶺の緩い変化球にしっかりためをつくり、鋭いスイングではじき返して2点二塁打とした。
「初めてだろうが関係なく、投手が投げた球を打つだけ」と開幕から高い適応力を示している。頼りになる4番打者はパ・リーグの投手相手にも打率3割4分4厘を残し、交流戦を終えた。(共同)

山本昌(二回途中3失点)
「何もないです」

森野(三回の適時打で5試合ぶりの打点)
「走者がいて追い込まれていたので、何とかヒットゾーンに飛んでくれと願っていた」

中日D1福谷、4戦目で初失点初黒星
5−3で迎えた七回にD1位・福谷(慶大)が今江に2点二塁打を浴び同点とされ、後を受けた中田賢も適時打を浴びた。4試合目でプロ初失点、初黒星を喫した新人右腕は「いつもと変わらなかった」と言葉少な。10勝13敗1分けと3年ぶりの負け越しで交流戦を終えた。21日からは首位巨人を相手にリーグ戦が再開するが、ゲーム差は12・5。厳しい戦いが待っている。


うーーむ。
交流戦ラストゲーム、中盤までは激アツな展開。
しかし、逆転負け。。。残念。

ドラゴンズ、交流戦は10位。
幸先のよいスタートを切ったにもかかわらずこの結果。残念でした。
セ・リーグではかろうじて4位です。
首位ジャイアンツまで12.5ゲームと厳しい状況ですが、優勝あきらめず、戦ってほしいです!!
リーグ戦再開は6月21日!!いきなり東京ドームでのジャイアンツ戦です。
しっかり、休養してしっかり仕切り直して欲しい!!
がんばれ!ドラゴンズ!!

以上、セ・パ交流戦終了!!(2013/6/16)でした。

  



posted by ずたたん at 22:51| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

5時間44分の死闘!!荒木5安打!!最後はクラークが決めた!!竜劇勝!!!(2013/6/15)

ドラゴンズ、
スンゴイ試合を制しましたー!!
o(≧▽≦)o
どらほー!!




荒木さん5安打!!
井端さん4安打!!
ルナ、豪快2ラン!!
山崎さん、2打席連続タイムリー!!
大野粘投!!
最後はクラークが決めた!!


どらほー!!マリーンズvsドラゴンズ!!



セ・パ交流戦 2013/06/15(土)
▼ロッテ−中 日 3回戦 (ロッテ2勝1敗、QVCマリン、14:00、23297人)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
中 日 1 0 0 1 1 0 3 1 1 0 0 2 =10
ロッテ 1 0 0 0 0 0 0 6 1 0 0 0 =8
(延長12回)
【投手】
(中)大野、鈴木、小林、中田賢、岩瀬、福谷、武藤、岡田−松井雅、谷繁
(ロ)成瀬、上野、益田、松永、ロサ、服部、中郷−江村、川本
【責任投手】
(勝)武藤30試合2勝2敗
(S)岡田33試合2勝2敗1S
(敗)中郷23試合2勝1敗
【本塁打】
(中)ルナ7号2ラン(7回、成瀬)、大島2号ソロ(8回、上野)、クラーク8号2ラン(12回、中郷)
(ロ)根元4号ソロ(1回、大野)、井口14号ソロ(9回、岩瀬)
【戦評】 
中日が競り勝った。九回二死から同点とされたが、8−8の延長十二回無死一塁からクラークが、勝ち越しの右越え2ランを放った。荒木が5安打と活躍。最大6点差を追い付く粘りを見せたロッテは、十二回に中郷が打たれた。

SANSPO.COMより
中日・荒木、自身初の1試合5安打をマーク
中日は22安打を放った。自身初の1試合5安打をマークした荒木は、喜びは控えめ。延長十二回に先頭で中前打し、クラークの勝ち越し2ランを呼び込んだ。「最後は意識がもうろうとしていて、覚えていない」と笑った。
プロ18年目の35歳。これまで1試合4安打は25度あった。「交流戦をいい形で締めくくりたい」と自身の記録よりも、チームの勝利の方が気掛かりなようだった。(共同)

大野(八回に崩れる)
「(八回は)志願していかせてもらったが、ああいう形になってしまった。まだまだ力不足」

ルナ(7号2ラン)
「きた球を反応で打とうと思っていた。うまく打てた」

山崎(2打点)
「一打席一打席、結果を出したいと思っている」

中日・クラークV弾!5発36安打の打ち合い制す
延長十二回、先頭の荒木がこの試合5本目の安打で出塁し、続くクラーク(前パドレス3A)が決勝2ラン。殊勲打に「芯で捉えた。5時間半も試合をしているから、早く帰りましょう」とちゃめっ気たっぷりに振り返った。5時間44分のロングゲームを制した高木監督は「勝たなきゃ意味がない。クラークはあれを頼りに出している」と疲れの中にも満足感を漂わせていた。

ロッテ−中日戦、試合時間は5時間44分
延長十二回を戦ったこの試合の試合時間は5時間44分となった。交流戦の延長戦では2007年6月に行われた日本ハム−横浜(現DeNA)の5時間53分(中断11分含む)が最長。(共同)


この2チームの戦いって。。。
本当にスゴイ。
2010年の日本シリーズ思い出しました。
今回、長時間の激戦を制したのはドラゴンズ!!!!
勝てて良かった!!

クラーク、よく決めてくれました。
アライバの躍動も超うれしい♪

この勢いで、交流戦ラストゲームも勝利で締めてほしい!!


必勝!!
ドラゴンズ!!





以上、5時間44分の死闘!!荒木5安打!!最後はクラークが決めた!!竜劇勝!!!(2013/6/15)でした!!


  



posted by ずたたん at 23:42| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

竜劇勝!!祝!!谷繁選手!!起死回生同点打が通算1000打点!!(2013/6/13)


ドラゴンズ、
延長11回の激戦制しました!!
祝!!
谷繁さん、史上40人目の
1000打点達成!!
どらほーーー!!!!
\(^O^)/


祝!!谷繁選手1000打点達成!!

どらほー!!&祝!!谷繁選手1000打点達成!!


セ・パ交流戦 2013/06/13(木)
▼西 武−中 日 4回戦 (2勝2敗、西武ドーム、18:02、13786人)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
中 日 0 0 0 0 2 0 0 0 1 0 1 =4
西 武 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 =3
(延長11回)
【投手】
(中)山井、福谷、中田賢、岩瀬−松井雅、小田、谷繁
(西)野上、岡本篤、涌井、サファテ、岩尾、増田−炭谷、星孝
【責任投手】
(勝)中田賢20試合3勝1敗
(S)岩瀬22試合1勝15S
(敗)増田1試合1敗
【本塁打】
(中)
(西)
【戦評】 
中日が延長戦を制した。2−3の九回に代打谷繁の中前打で同点。延長十一回は井端の二ゴロが失策となり1点を勝ち越した。九回から2回無失点の中田賢が3勝目。岩瀬が15セーブ目。西武はサファテがリードを守れず守備も乱れた。

SANSPO.COMより
中日・谷繁が史上40人目の通算1000打点
中日・谷繁元信捕手(42)が九回に中前適時打を放ち、史上40人目となる通算1000打点を達成した。プロ25年目での大台到達となった。
谷繁は島根・江の川高(現石見智翠館高)で甲子園に2度出場。1988年にドラフト1位で横浜大洋ホエールズ(現DeNA)に入団すると、1年目から開幕一軍入り。89年5月21日の阪神6回戦(甲子園)で池田親興から適時三塁打を放ちプロ初打点を記録した。93年から正捕手に定着し、98年には横浜の38年ぶり2度目の日本一に貢献した。
02年に中日へ移籍すると4度のリーグ制覇を経験。07年にはクライマックスシリーズ第1ステージから勝ち上がり、中日の53年ぶり2度目の日本一に貢献した。
25年目を迎えた今季は5月6日のヤクルト7回戦(神宮)で史上44人目、捕手では野村克也(南海など)、古田敦也(ヤクルト)に次ぐ3人目の通算2000安打を達成。6日後の広島9回戦(マツダ)ではプロ野球史上3人目となる2球団での1000安打を達成した。

中日・高木監督、接戦制し「よう追い付いた」
接戦を制した中日の高木監督は「よう追い付いた。たまにはああやって勝たせてくれよ」と安堵の表情を見せた。
この日は堂上直や松井雅ら若手が先発出場。指揮官は「打つ方はまだまだやけど、よう守っていた」と活躍を評価した。二回以降、追加点を許さなかった投手陣についても「きょうはそれに尽きますよ。追加点を取られたらお手上げになるから」とねぎらいを忘れなかった。(共同)

松井佑(五回に適時打)
「1打席目にスライダーでやられたので、要所で使ってくると思っていた」

山井(一回に3失点)
「何となく体が重たい感じがした」



谷繁さんの偉業達成の日にチームも勝利できてよかったーーー!!
しかも土壇場での起死回生の同点打!!
しびれましたーーー!!( >_< )
改めまして。。。。
谷繁さん、通算1000打点おめでとうござます!!!!!!(​^​O​^​☆​♪


以上、竜劇勝!!祝!!谷繁選手!!起死回生同点打が通算1000打点!!(2013/6/13)


  



posted by ずたたん at 23:53| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

あわやノーノー…竜、1安打完敗!!(2013/6/12)


竜、菊池雄星に完敗です。。。

埼玉西武vs中日!!


セ・パ交流戦 2013/06/12(水)
▼西 武−中 日 3回戦 (西武2勝1敗、西武ドーム、18:01、15993人)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9
中 日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 =0
西 武 0 0 0 1 0 5 0 4 X =10
【投手】
(中)ブラッドリー、鈴木、武藤−松井雅、小田
(西)菊池−炭谷
【責任投手】
(勝)菊池11試合7勝2敗
(敗)ブラッドリー11試合2勝2敗
【本塁打】
(中)
(西)栗山4号ソロ(6回、ブラッドリー)、浅村10号ソロ(6回、ブラッドリー)、スピリー2号3ラン(6回、ブラッドリー)
【戦評】 
西武の菊池が1安打完封で7勝目を挙げた。チームの連敗は5でストップ。打線は三回にスクイズで先制すると、六回に3本塁打で5点を追加し、八回にも4点を奪って突き放した。中日は投手陣が崩れ、打線もいいところがなかった。

SANSPO.COMより
西武・雄星、惜しい!ノーヒッター逃した
西武・菊池がノーヒットノーランを逃した。六回二死に谷繁へ四球を与えた以外はスキを与えない力投を続けた左腕は、九回一死で大島に中前打を許し快挙を逃したが、それでも後続を打ち取り7勝目を飾った。
一回の立ち上がりを三者凡退でスタートした菊池が波に乗った。伸びのある直球とキレのあるスライダーを低めに集め、五回まで完全試合ペースの力投を展開。六回二死から谷繁に四球を与え大記録は逃したが、動揺は微塵も見せない。後続を打ち取ると七、八回も三者凡退に封印。だが九回一死に大島の中前打を許して快挙を逃すと、マウンド上でひざをついてガックリ。それでも後続を打ちとって7勝目をあげると、ナインの手荒な祝福に苦笑いを浮かべた。
試合後のお立ち台に上がった菊池は開口一番「悔しいです」と苦笑い。「野球を始めて、初めてマウンドにいくのが怖かった。1球1球悔いの残らないように投げろと監督にいわれたんで、間をおいてしっかり投げました」と熱投を振り返った。


とにかく!!菊池雄星に拍手!!\( ^O^ )/パチパチパチ!!☆

以上、あわやノーノー…竜、1安打完敗!!(2013/6/12)でした。

  





posted by ずたたん at 23:29| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

激戦!!ドラゴンズvsホークス!!名古屋決戦!!(2013/6/8~6/9)


激戦でした。
福岡ソフトバンクホークスとのナゴヤドーム2連戦!!

ドラゴンズvsホークス!!


セ・パ交流戦 2013/06/08(土)
▼中 日−ソフトバンク 3回戦 (ソフトバンク2勝1分、ナゴヤドーム、18:00、36094人)
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ソフトバンク 0 0 0 2 3 0 1 0 0 0 0 0 =6
中    日 0 0 0 2 0 2 0 0 2 0 0 0 =6
(12回規定により引き分け)
【投手】
(ソ)パディーヤ、森福、藤岡、五十嵐、千賀、岩崎、柳瀬、山中−山崎、細川
(中)山内、岡田、福谷、田島、小林、辻、鈴木、岩瀬、中田賢−谷繁
【本塁打】
(ソ)
(中)森野6号2ラン(4回、パディーヤ)
【戦評】 
中日が九回に2点差を追いつき、延長十二回引き分け。4−6の九回に抑えの岩崎の乱調につけ込み、一死満塁からルナが中前に同点の2点適時打を放った。延長では両チームともに好機をつくったが、あと一本が出なかった。

森野将彦!!


SANSPO.COMより
中日・森野、2試合連続の6号2ラン
中日の森野が2試合連続の6号2ランを放った。四回に2点を先制された直後の攻撃で、パディーヤの高めに浮いた151キロを強振、ライナーで右越えに運んだ。「カウントも有利だったので、思い切っていった」と喜んだ。
6日のオリックス戦では、試合を決める逆転2ランを放っていた。本職ではない二塁で先発起用した高木監督の期待に、しっかり応えた。(共同)

山内(五回途中まで5失点)
「毎回毎回、自分の仕事ができていない。情けない」

ルナ(九回に同点打)
「スライダーを待っていた。(その前の)4打席すべて変化球から入ってきたからね」

中日・福谷、上々の1軍デビューにファン歓声
中日のドラフト1位ルーキー、福谷が上々の1軍デビューを飾った。2−5の六回に3番手で登板し、まずは今宮を空振り三振。2死からは代打松中を二ゴロに仕留め、三者凡退に切って取った。「結果を恐れずに向かっていきたい」という通りしっかり腕を振り、150キロをマークすると本拠地のファンの歓声を浴びた。
愛知・横須賀高から慶大を経て入団した期待の星は、内転筋を痛めてキャンプを離脱するなど、ここまで順調な道のりではなかった。それでも「こんなに早くとは思っていなかった」という初舞台で、存在感を見せつけた。(共同)

========================

セ・パ交流戦 2013/06/09(日)
▼中 日−ソフトバンク 4回戦 (ソフトバンク3勝1分、ナゴヤドーム、14:01、35568人)
       1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 2 0 0 0 1 0 0 4 0 =7
中    日 0 1 0 0 0 2 2 0 0 =3
【投手】
(ソ)山田、山中、柳瀬、藤岡、岩崎、五十嵐−細川
(中)山本昌、鈴木、岡田、武藤、辻−谷繁、松井雅
【責任投手】
(勝)藤岡28試合4勝
(敗)岡田32試合2勝2敗
【本塁打】
(ソ)内川7号2ラン(1回、山本昌)
(中)
【戦評】 
ソフトバンクが終盤突き放し、1分けを挟んで4連勝。今季最多の貯金6とした。3−3の八回、内川の二塁打で勝ち越すと、三振振り逃げの間に2点。さらにラヘアの二塁打でこの回計4点。中日は暴投で計3失点と拙守も響いた。

山本昌!!


SANSPO.COMより
中日・山本昌、6回3失点も勝利ならず
中日の山本昌は6回を3失点も、勝利には結びつかなかった。今季最多の113球が実らなかった左腕は「調子は悪かったけど、悪いなりに何とかしないといけなかった」と反省した。
1−2で迎えた五回、満塁のピンチを背負うと、暴投で1点を失った。「五回だね。1点で済んだけど、その1点はやらずに済んだ」と悔やんだ。(共同)

中日・山本昌、村山の奪三振抜き歴代11位
中日の山本昌投手(47)が9日、ソフトバンク4回戦(ナゴヤドーム)に先発登板して4三振を奪い、通算奪三振数を2272とし、村山実(阪神)の2271を抜いてプロ野球歴代11位となった。最多記録は金田正一(巨人)の4490。
山本昌は1984年に神奈川・日大藤沢高からドラフト5位で中日に入団。初奪三振は86年10月16日のヤクルト戦(神宮)で池山から記録した。(共同)


ドラゴンズ勝てませんでした…。(>_<。)
来年こそ、打倒福福岡ソフトバンクホークス!!


以上、激戦!!ドラゴンズvsホークス!!名古屋決戦!!(2013/6/8~6/9)でした。


  




posted by ずたたん at 23:53| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

森野逆転2ラン!!ウルトラヤマイ投打に大活躍!!竜連勝!!

連勝見届けてきましたーーー!!

現地からどらほーーー!!
\( ^O^ )/


現地からどらほー!!





それでは!!めちゃくちゃうれしいので、久々に連夜のずたスポUPです!!
森野さん、山井さんやったーーー!!o(≧▽≦)o

2013/6/6
ずたたんスポーツ

ずたスポのテーマ
(クリックするとダウンロードできます)

《presented by 小谷隆様


ずたスポ6月6日号 森野逆転2ラン!!ウルトラヤマイ投打に大活躍!!竜連勝!!

ナゴヤドーム歓喜!!
森野逆転2ラン!!
ウルトラヤマイ
投打に大活躍!!
竜連勝!!
どらほー!!


何気にセ・リーグ3位です...
借金9だけど...( ̄▽ ̄;) >


セ・パ交流戦 2013/06/06(木)
▼中 日−オリックス 4回戦 (2勝2敗、ナゴヤドーム、18:01、24834人)
      1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス 0 0 0 0 0 0 1 0 0 =1
中   日 0 0 0 0 0 0 2 0 X =2
【投手】
(オ)井川、比嘉、佐藤達−伊藤
(中)山井、中田賢、小林、岩瀬−松井雅
【責任投手】
(勝)山井9試合1勝2敗
(S)岩瀬20試合1勝14S
(敗)比嘉20試合1勝2敗
【本塁打】
(オ)
(中)森野5号2ラン(7回、比嘉)
【戦評】 
中日が逆転勝ちで2連勝。0−1の七回、森野が逆転の5号2ランを右翼席へ運んだ。山井が7回1失点で今季初勝利。岩瀬は14セーブ目。オリックスは七回、代打・高橋信の適時打で先制したが、2番手の比嘉が誤算だった。

SANSPO.COMより
中日・山井、四死球なしの今季初白星!
中日の山井は七回に先制を許した。しかし直後の攻撃で森野の逆転2ランが飛び出し、7回9安打1失点で今季初白星を手にした。「全球種でカウントが取れたので、自分のペースで投げられた」と四死球なしの投球を振り返った。
中日の先発投手が白星を挙げたのは5月15日の山本昌以来。この日、カブレラが肋骨骨折で離脱した先発陣にとって、頼もしい力投だった。(共同)

高木監督(借金9ながら3位に浮上)
「いよいよAクラスやな」

中日・今中投手コーチ(山井に)
「真っすぐで空振りを奪っているし、本来のボール。(中継ぎより)先発の方がゆとりを持って投げている」

nikkansports.comより
【中日】マルチな山井「打ってやろうと」
中日山井大介投手(35)が今季初勝利をつかんだ。7回1失点の好投だった。打っても2安打と投打にわたって活躍した。
「バッティングは嫌いじゃないんで。井川君に打たれたので、僕も打ってやろうと思いました」。安打数は山井2、相手先発の井川慶投手(33)は1。投げて打ってチームに貢献した。

【中日】森野5号2ラン「完璧」山井援護
中日森野将彦内野手(34)が逆転の5号2ランを放ち、勝利に貢献した。1点を追う7回無死、一塁に代打でヒットを放ったクラークを置いた場面。オリックス2番手比嘉のスライダーを完璧にとらえ、右翼席にはじき返した。
「山井がいいピッチングをしているのに、ここまで援護できなかった。最高の結果で点が取れてよかったです。完璧です」。値千金、13試合ぶりの1発に興奮を隠せなかった。

▼ドラゴンズオフィシャルブログより
「涙が出そう」同級生が投打のヒーロー


ナゴヤドームライトスタンドで、ドラゴンズの勝利の歓喜を大好きな仲間たちと体感できました!!
楽しかったーー!!
これで、今シーズンの観戦成績は10勝7敗!!
おおおーー、最近はどんどん勝っています。
こりゃ、ますます観戦に行きたくなるな〜。( ̄▽ ̄;) >

ドラゴンズ大好きです!!

優勝あきらめてませんよー。ドラゴンズ、がんばれー!!\( ^O^ )/

以上、森野逆転2ラン!!ウルトラヤマイ投打に大活躍!!竜連勝!!でした!!!!!!


  



posted by ずたたん at 01:58| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする