2012年10月08日

SB小久保選手引退試合!!オリ西投手ノーノーでガチ勝負に応えた!!

小久保裕紀!!


福岡ソフトバンクホークス小久保裕紀選手引退試合にとんでもないことが起こりました!!
オリックス西投手、ノーヒットノーラン達成です!!
すごいー。( ̄▽ ̄;) >

パ・リーグ 2012/10/08(月)
▼ソフトバンク−オリックス 24回戦 (ソフトバンク13勝9敗2分、ヤフードーム、13:02、38561人)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス  1 0 0 0 0 1 1 0 0 =3
ソフトバンク 0 0 0 0 0 0 0 0 0 =0
【投手】
(オ)西−伊藤
(ソ)山田、金沢、藤岡、柳瀬、ファルケンボーグ、森福−細川、山崎
【責任投手】
(勝)西19試合8勝3敗
(敗)山田24試合8勝10敗
【本塁打】
(オ)
(ソ)
【戦評】 
オリックスの西が無安打無得点試合で8勝目を挙げ、チームを今季初の5連勝に導いた。コースを丁寧につき、許した走者は四球による1人のみ。打線は一回に李大浩の二塁打で先制し、六、七回にも加点。ソフトバンクは3連敗。

スポニチ Sponichi Annex より
小久保の“ガチで来い”に応えた 西「どう喜んでいいのか」
オリックスの4年目右腕・西がソフトバンクを相手にノーヒットノーランを達成した。許した走者は5回の四球の1人だけ。キレのある直球に変化球を織り交ぜ、丁寧にコースをつく投球で打者28人から9三振を奪い、プロ野球史上76人目の快挙を成し遂げた。
最後の打者・松田を遊ゴロに打ち取ると、喜びと戸惑いが入り混じった複雑な表情を浮かべた。ソフトバンク・小久保の引退試合でもある今季最終戦での快挙に「どう喜んでいいのか。誰も(達成すると)思っていなかったと思う」とコメント。「新聞に『ガチで来い』と書いてあったので」と、小久保が前日に「直球だけとかはやめてほしい」とコメントしたことを受けて真剣勝負を挑み、2回はスライダーで二飛、5回は直球で一飛、7回は直球で遊ゴロに打ち取った。
完封もプロでは初という21歳。「完封は狙っていたが、安打を打たれなかったのは光さんのおかげ」と女房役の伊藤に感謝していた。

小久保 引退試合で男泣き「王会長にプロの全てを教わった」
41歳のバースデーに迎えた引退試合。ソフトバンクの小久保は試合後のセレモニーで「昨年の400本塁打、今年の2000安打と理想が実現し、現実となっていきました。理想を追い求めるところに成長があると感じていましたが、自分の将来の現役選手としての理想を描くことができなくなりました」と3万8000人のファンにあいさつ。ユニホームを脱ぐことを決断した理由を語った。
斉藤和巳リハビリ担当コーチ、マリナーズの川崎も加わった胴上げでは、背番号と同じ数だけ空を舞った。その小久保が感極まったのは、王球団会長から花束を贈られた時。「プロとしての考え方、生き方、厳しさ、心構え、全てを教わった」恩師から言葉を掛けられ、顔はくしゃくしゃ。こらえ切れず涙があふれた。
9月6日の西武戦以来となる「4番・一塁」で先発したが、オリックス・西の前にノーヒットノーランを喫した。しかし小久保の挑戦にはまだ続きがある。「ホームのユニホームを着てプレーできるチャンスは残っています」。クライマックス・シリーズを勝ち抜き、日本シリーズでヤフードームに戻ってくることをファンに約束した。

SANSPO.COMより
オリ・西勇輝、小久保引退試合でノーヒットノーラン
オリックス4年目の西勇輝投手が、ノーヒットノーランを達成した。今季プロ野球3人目。史上76人目(87度目)、オリックスでは1995年の佐藤義則以来、17年ぶりで、パ・リーグでは2000年の近鉄・エルビラ以来、今世紀初の快挙となった。
今季ソフトバンク戦3戦3勝と相性抜群の西は、中6日で先発。小久保裕紀内野手の引退試合だったソフトバンク打線を、五回に松中へ与えた四球の1つだけに抑え、109球、9奪三振。安打を許さなかった。
西はプロ初の完封勝利で今季8勝目(3敗)。オリックスは岡田監督解任後7勝2敗。今季初の5連勝で最終戦を締めくくった。

オリックス西投手の話
「誰も(達成すると)思っていなかったと思う。(小久保の)引退試合なので、どう喜んでいいのか。完封は狙っていたが、安打を打たれなかったのは光さん(伊藤捕手)のおかげ」

鷹・小久保引退試合、新婚・上戸彩&川崎も祝福
ソフトバンク・小久保裕紀内野手が引退試合を行った。「4番・一塁」で出場。ノーヒットノーランを達成したオリックス先発の西に、二飛、一飛、遊ゴロの3打数無安打に終わった。
この日が41歳の誕生日で、試合終了後のセレモニーにはソフトバンクのCMに出演する、結婚したばかりの上戸彩が登場。「小久保選手お疲れ様でした。そして誕生日おめでとうございます」と話すと、3万8561人の観衆からハッピーバースデーの歌の大合唱が巻き起こった。
小久保は「3万人を超える人からのハッピーバースデー、合唱。もう2度と聞くことはないと思います。心にしみました」とファンに感謝。
「プロに入って常に高い理想を追い求めてきました。自分が納得する成績を残しても、まだ上がある、まだ何かできるんじゃないかと思いながら、ここまで歩んできましたが、昨年400号本塁打、今年の2000本安打と理想が実現し、次々現実となっていきました。その中であくまでも理想であって、追い求めるところに成長がある、そのように感じました。ユニホームを着て自分の将来の現役選手としての理想を描くことができなくなりました。それが理由で今年潔くユニホームを脱ぎます」とあいさつした。
最後は観戦に訪れていたマリナーズの川崎もグラウンドに駆けつけ、背番号と同じ9度胴上げされた。










小久保選手お疲れ様でした。
魂のプレー、他球団ながら魅了されていました。
感動をありがとうございました。
CSを突破して、長くその雄姿を見せてくれることになるのか!?今後も注目ですね。

そして!
この試合でノーヒットノーランを達成したオリックス西投手すばらしい!!
小久保選手の願いであったガチ勝負を究極の形で応えました!!
西投手、ノーノーおめでとうございます!!

プロはいつでもどんな試合でも真剣勝負!それを究極の形で実践してくれましたね!!
将来有望な投手の偉業と偉大な選手の引退セレモニーを福岡ドームで目撃したお客さんがうらやましい。
\( ^O^ )/

以上、SB小久保選手引退試合!!オリ西投手ノーノーでガチ勝負に応えた!!でした。


  





posted by ずたたん at 23:40| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。