2012年06月11日

竜10回目のドロー!!小笠原復活好投!!

6月10日曜日の日ハム戦は、ドラゴンズ小笠原投手と、日ハム武田勝投手の白熱の投手戦!!
ドラゴンズ、チャンスは作るのですが、やはりタイムリーが出ない。
終盤の7回、日ハムに1点を先制だれた時は、もうだめかと思いましたが。。。。。
9回裏、なんとか追いつき、引き分けに持ち込みました。
いやあ、負けなくてよかった。。。


PCから閲覧の方…
カーソルを画像の上に置くと…( >_< )


小笠原投手はじめ、投手陣の踏ん張りを称えて、
投手陣メインのずたスポおとどけです!

2012/6/10
ずたたんスポーツ

ずたスポのテーマ
(クリックするとダウンロードできます)

《presented by 小谷隆様


ずたスポ6月10日号 竜10回目のドロー!!小笠原復活好投!!

竜投粘投!!


セ・パ交流戦 2012/06/10(日)
▼中 日−日本ハム 3回戦 (中日1勝2分、ナゴヤドーム、18:00、30323人)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 0 0 0 0 0 0 1 0 0 =1
中  日 0 0 0 0 0 0 0 0 1 =1
(9回規定により引き分け)
【投手】
(日)武田勝、森内、宮西、増井、武田久−大野
(中)小笠原、山井、小林正、ソーサ−谷繁
【本塁打】
(日)
(中)
【戦評】 
中日が追い付いて引き分けた。0−1の九回、四球と2安打で一死満塁とし、井端の遊ゴロで同点とした。日本ハムは七回一死一、三塁から陽岱鋼の左犠飛で先制。武田勝が七回途中まで無失点と好投したが、武田久が誤算だった。

高木守道監督!!

SANSPO.COMより
中日引き分け10、高木監督「これを売りに」
中日が土壇場で粘りを見せ、両リーグ最多の10試合目の引き分け。敗戦を免れた高木監督は「よう追い付いたね。これを売りにしてどんどん引き分けていこうかな」と冗談で笑わせた。
九回は先頭の荒木が四球を選び、続く大島が「(監督に)引っ張れと言われたので引っ張れる球を待っていた」と右前打で好機を広げた。1死満塁の一打サヨナラの場面で、井端の「最低限の最低限」という遊ゴロで追い付いた。
指揮官は「一気に逆転したいところだけど、きょうの場合はしょうがない」と、八回まで3安打の劣勢を押し返したことを評価した。逆転勝ちは少ないものの、このしぶとさこそがリーグ首位に立つ要因となっている。(共同)

nikkansports.comより
【中日】高木竜「今日のところは仕方ない」
中日が執念で今季10度目のドローに持ち込んだ。0−1の9回1死満塁から井端が遊ゴロを放ち1点を挙げた。高木守道監督(70)は「よう追いついたね。今日は完璧に武田勝に抑えられとったからね。一気に逆転したかったところだけど、今日のところは仕方ない」と話した。


ドラゴンズ、厳しい戦いが続いてますが、土日は負けなくて良かっ​たです。
月曜はナゴヤドームでの交流戦ラストゲーム。快勝してほ​しいですね〜。

予告先発は…

岩田慎司!!

がんばれーーー!!


岩田慎司!!



以上、竜10回目のドロー!!小笠原復活好投!!でした!!


  




posted by ずたたん at 03:17| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック