2012年05月14日

竜快勝と熱戦ドローの広島竜鯉決戦第2R&第3R

交流戦前最後の土日のプロ野球。
ドラゴンズはマツダスタジアムで広島東洋カープと激突!!
第1Rは今シーズン初の広島からの敗北&完封負けを喫しましたが・・・

第2Rは・・・・快勝!!
第3Rは・・・大差を追いつき逆転したものの追いつかれ引き分け…。


結果、この3連戦は1勝1敗1分けでした。

まあまあかな。。。。。


PCから閲覧の方…
カーソルを画像の上に置くと…( >_< )


それでは、第2Rと第3Rの詳細をどーぞ!
 ↓

広島竜鯉決戦第2R
セ・リーグ 2012/05/12(土)
▼広 島−中 日 8回戦 (中日6勝1敗1分、マツダ、14:00、20723人)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中 日 0 0 0 0 1 0 1 1 0 =3
広 島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 =0
【投手】
(中)岩田、田島、浅尾、岩瀬−谷繁
(広)野村、今村−白浜、倉
【責任投手】
(勝)岩田5試合3勝1敗
(S)岩瀬19試合1敗14S
(敗)野村7試合2勝3敗
【本塁打】
(中)ブランコ7号ソロ(5回、野村)、ブランコ8号ソロ(7回、野村)
(広)
【戦評】 
中日が連敗を2で止めた。ブランコが2打席連続本塁打。五回に先制7号ソロを中越えに放ち、七回は8号ソロを左翼席に運んだ。六回途中まで無失点の岩田が3勝目。広島はあと一本が出ず零敗、好投の野村を援護できなかった。

岩田慎司!!

SANSPO.COMより
中日・岩田3勝目も「ピンチばかりだった」
中日は先発の岩田が六回途中無失点と粘り、田島−浅尾−岩瀬とつないで零封勝ちした。
岩田は四回まで毎回、得点圏に走者を背負ったものの後続を断った。何とか役割を果たし「ピンチばかりだったが、僕のピッチングはいつもこう、と切り替えて投げた」と話した。
2番手の田島は六回2死一、三塁でマウンドへ。148キロの速球で堂林のバットを折り、一邪飛に。22歳の新人右腕は「思い切って投げるだけだった」という度胸の良さでピンチをしのいだ。(共同)

荒木(八回に右前適時打)
「いいところに落ちてくれた」

nikkansports.comより
ブランコバット止めても…野村から2発
中日トニ・ブランコ内野手(31)が2年ぶりの2打席連発で首位キープを導いた。5回に野村から7号先制ソロを放つと、7回には106キロのスローカーブに「バットを止めた感じだった」のが、実際にはバットは止まらず「芯に当たっちゃった」と左翼席まで飛ばす漫画のような1発。これで9戦6発の量産態勢で、9回には死球であわや乱闘を招く“大当たり”だった。

権藤コーチ絶賛!中日田島14戦連続無失点
中日ドラフト3位田島慎二投手(22)がピンチを断ち切った。6回2死一、三塁で登板し、堂林を直球で一邪飛に仕留めた。初めて走者を背負った場面での登板も、危なげなし。「やることを変えてもしょうがない。こういう場面でどんどん投げたい」と開幕から14試合連続で無失点となった。権藤投手コーチも「あそこは田島しかいない。何とかするのが田島」と絶賛した。


ブランコ、ノッてますね!
完封負けの後は完封勝ち!!
いやあ、ドラゴンズらしい。
もしずたスポを作ったなら、見出しは、
「ブランコ2発、岩田・田島・浅尾・岩瀬の盤石完封リレーで今季​早くも12回目の完封勝利」
ですかね。いやあ、すばらしい。

2012/5/16追記 ずたスポつくりました!!

2012/5/12
ずたたんスポーツ

ずたスポのテーマ
(クリックするとダウンロードできます)

《presented by 小谷隆様


ずたスポ5月12日号 岩田・田島・浅尾・岩瀬!!盤石完封リレーで今季​早くも12回目の完封勝利!!




そんな訳で第2Rは快勝でした!

さて、引き分けだった第3Rは・・・

広島竜鯉決戦第3R
セ・リーグ 2012/05/13(日)
▼広 島−中 日 9回戦 (中日6勝1敗2分、マツダ、13:31、22041人)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9
中 日 2 0 0 0 2 2 0 0 0 =6
広 島 1 4 0 0 0 0 0 1 0 =6
(9回規定により引き分け)
【投手】
(中)山本昌、山井、田島、浅尾、岩瀬−谷繁
(広)前田健、岸本、ミコライオ、サファテ−倉、白浜
【本塁打】
(中)大島1号ソロ(1回、前田健)、平田5号ソロ(6回、岸本)
(広)梵3号3ラン(2回、山本昌)
【戦評】 
広島が追い付き、九回で引き分けた。5−6の八回一死三塁でニックが同点の中前打を放ち、カードの負け越しを6で止めた。中日は先発の山本昌が2回5失点で降板。打線が奮起して一度は勝ち越したが、4番手の浅尾がつかまった。

山本昌!!

▼SANSPO.COMより
http://www.sanspo.com/
チグハグ中日…また浅尾が打たれ引き分け
中日は投打が噛み合わず、広島と引き分けた。先発の山本昌が2回5失点で降板。五、六回に2点ずつを加えて逆転したものの、八回に登板した浅尾が1失点し引き分けた。
中日は一回、大島のプロ初となる先頭打者本塁打などで広島先発の前田健から2点を奪う。山本昌が2回5失点で降板したが、2番手・山井は4回無失点と好投。すると五回に大島、荒木の連打で1点を返すと、一死後にブランコが適時打を放ち1点差。さらに六回には平田に5号ソロで同点に追いつくと、大島と荒木の連打から和田の犠飛で逆転した。
しかし、八回にマウンドに上がった浅尾がまたしても救援に失敗。東出に二塁打で出塁を許すと一死後にニックに適時打を浴びた。浅尾は今季38試合目で早くも6失点となった。

▼nikkansports.comより
http://www.nikkansports.com/
【中日】山本昌が最短&最多失点でKO
中日山本昌投手(46)が今季最短&最多失点でKOされた。2点リードの1回に3番広瀬の左前適時打で1点を失うと、2回には1番梵に左翼ポール際への3ランを浴びるなど4失点。2回6安打5失点で降板した。黒星こそつかなかったが降板後は「ダメだね。何もありません」とコメントした。

【中日】大島がプロ初の先頭打者アーチ
中日大島洋平外野手(26)がプロ初の先頭打者本塁打(今季1号)を放った。1ボールからの2球目。広島前田健のスライダーを振り抜き右翼スタンドに運んだ。「打った瞬間に入ると思った。初球がボールだったので思い切って振りました」とコメントした。


うーーむ。あのマエケンから大島選手が先頭打者HR!
いい出だしだったのに…
昌さんが打たれ、残念。その後山井さん登板で、打線も奮起し、追いつき、逆転したもののまた追いつかれ引き分け。。。
もやもやが残る引き分けでしたね。
昌さんも浅尾くんも、次回は奮起してほしい!!
ずっと期待してます!!

さあ!交流戦前のペナントレース終わりました。
ドラゴンズの結果は

20勝12敗6分けで
堂々のセ・リーグ首位です!!


2位スワローズと1ゲーム差です。
決して万全のチーム状態ではない中、この成績はすばらしい。
交流戦ではどうなるか、ますます楽しみですね。
まあ、ひたすら応援するのみですが。。。

16日水曜から始まる交流戦、ドラゴンズの初戦は
パ・リーグの首位千葉ロッテマリーンズです。

激突!!交流戦!!ドラゴンズvsマリーンズ!!


いきなりの強敵ですが、とりあえずナゴヤドームでの対決なのでなんとか勝利を飾ってほしいですね。

交流戦も
がんばれ!
ドラゴンズ!!


がんばれ!ドラゴンズ!!


以上、竜快勝と熱戦ドローの広島竜鯉決戦第2R&第3Rでした!!

  





posted by ずたたん at 01:51| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。