2012年05月12日

竜鯉決戦第1R竜初零敗…でも!高橋周平プロ入り初安打!!で喜ぼう!!+チェン、星野監督1000勝など



激突!!竜鯉決戦!!


ドラゴンズ、広島での3連戦初戦は1−0で今季初の完封負け。残念。
あとカープからも初の黒星でした。
山内壮馬投手や中継ぎ投手陣、1失点で踏ん張っていたみたいだけ​ど、点が取れなければ勝てません。
打線も、井端さんの3安打やルーキー高橋周平選手のプロ入り初安​打となる2ベースなどは出ましたがつながりがなく、得点できませ​んでした。  
広島の唯一の得点は奇しくも愛知中京高校出身の堂林翔太選手。や​るなあ。。。
明日はドラゴンズのリベンジ見てみたいです。

さて、今回のずたスポは高橋周平選手のプロ入り初安打を喜ぼうというずたスポとしました。

どーーーーーーぞお!!( ^O^ )/


2012/5/3
ずたたんスポーツ

ずたスポのテーマ
(クリックするとダウンロードできます)

《presented by 小谷隆様


ずたスポ5月11日号 高橋周平プロ入り初安打!!

高橋周平プロ入り初安打!!
2000本安打まであと1999本!​!
これからもがんばれーーー!!
\( ^O^ )/


セ・リーグ 2012/05/11(金)
▼広 島−中 日 7回戦 (中日5勝1敗1分、マツダ、18:01、13902人)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中 日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 =0
広 島 0 1 0 0 0 0 0 0 X =1
【投手】
(中)山内、ソーサ、小林正−谷繁
(広)大竹、ミコライオ、サファテ−白浜
【責任投手】
(勝)大竹6試合3勝2敗
(S)サファテ14試合2敗7S
(敗)山内6試合3勝2敗
【本塁打】
(中)
(広)
【戦評】 
広島は二回一死一、三塁から堂林が山内から適時打を放ち、これが決勝点となった。投手陣は3人が無失点リレー。大竹が7回5安打で3勝目、サファテは7セーブ目を挙げた。中日はともに今季初となる零敗と広島戦黒星を喫した。

SANSPO.COMより
中日、36試合目で今季初の零敗
中日は36試合目で今季初の零敗となった。それでも、高木監督は「よう持ったよ、35も」と淡々と振り返った。
「大竹は左打者に相性が悪い」との理由で堂上剛、新人の高橋周をともに今季初めて先発で起用した。五回には先頭の高橋周がプロ初安打となる二塁打を放ったが、続く山内がバントで送れないなど生かせなかった。
三者凡退は四回だけだった。監督は「ヒットは出るんだけど、点が取れん」と言うしかなかった。(共同)

中日・山内、1球悔やむ「堂林への1球です」
中日の山内は「堂林への1球です」と決勝の失点に直結した場面が悔やみ切れない様子だった。
二回1死一、三塁、堂林を追い込みながら、変化球がやや甘く入った。「ボールになるスライダーを投げるつもりが、ストライクゾーンに投げてしまった」。投手有利のカウントだっただけに、制球の狂いが歯がゆそうだった。(共同)

nikkansports.comより
【中日】周平が初安打「1本出てホッ」
中日高橋周平内野手(18=東海大甲府)がプロ初安打を放った。8番三塁で初スタメンを果たすと、先頭で迎えた5回に広島大竹の142キロ直球を振り抜き、左中間へ二塁打をマーク。プロ10打席目にようやく飛び出した初安打に「1本出たってことでホッとした。ファーストストライクから思い切って振っていこうと思っていた」と、はにかんだ。


さて!今回はその他のプロ野球関連ニュースもお伝えします!!
まずはメジャーに行ったこの人!!
  イラストはもちろん昨年のドラゴンズユニですが・・・

チェン!!

オリオールズのチェン投手!!
メジャーでも活躍しているみたいですね!!

スポニチ Sponichi Annex より
大リーグで“中日―広島” 軍配はチェンに上がり3勝目
オリオールズのチェンは10日、ボルティモアでのレンジャーズ戦のダブルヘッダー第1試合で先発し、7回2/3を6安打2点に抑える力投で3勝目(無敗)を挙げた。
元中日のチェンに対し、レンジャーズの先発は元広島のルイス。大リーグで中日―広島の再現となったが、軍配はチェンに上がった。


メジャーの元竜元鯉決戦は、元竜の勝利!よかった〜( ^ ^ ゞ

あと元竜監督、楽天の星野仙一も偉業を達成したみたいです。

祝!!星野監督監督通算1000勝達成!!

SANSPO.COMより
楽天・星野監督1000勝達成!投手出身では初
楽天・星野仙一監督(65)が11日、オリックス7回戦(京セラドーム大阪)に3−2で勝利し、史上12人目の監督通算1000勝を達成した。プロで投手として活躍した監督としては初めてで、戦後生まれの監督でも初めて。
中日11年、阪神2年、楽天2年の監督15年目で、通算成績は1000勝876敗42分。初勝利は中日時代の開幕3戦目、1987年4月12日の巨人戦(後楽園)。監督通算勝利数の歴代1位は南海(現ソフトバンク)で一時代を築いた鶴岡一人の1773勝。歴代11位は長嶋茂雄(巨人)の1034勝。
星野監督は中日で1988、99年にリーグ優勝し、阪神では2003年にリーグ優勝したが、3度とも日本シリーズでは敗れている。日本一経験のない1000勝監督は藤本定義(阪神など、歴代3位1657勝)、西本幸雄(阪急、近鉄、歴代6位1384勝)、別当薫(大洋など、歴代9位1237勝)に次ぎ4人目となった。
星野監督は08年北京五輪の日本代表監督を務め、昨季から楽天監督に就任した。
記念の白星を見届けた指揮官は、手をたたいて勝利を喜び、受け取った花束をスタンドのファンにかざして声援に応えた。


星野監督、本当におめでとうございます!!


以上、竜鯉決戦第1R竜初零敗…でも!高橋周平プロ入り初安打!!で喜ぼう!!+チェン、星野監督1000勝などでした!!

  





posted by ずたたん at 01:29| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。