2012年04月05日

横浜BvsD決戦!中田賢一復活!!

ドラゴンズは横浜で新球団横浜DeNAベイスターズと初対決です!
ベイスターズは元気ハツラツな中畑監督のもと勝利への意識が高い球団に生まれ変わっているはず。
あなどれません!
ドラゴンズはどんな戦いを見せたのか!!

激突!!横浜DeNAベイスターズvs中日ドラゴンズ!!

激突!!
横浜DeNAベイスターズ
vs
中日ドラゴンズ!!


セ・リーグ 2012/04/04(水)
▼DeNA−中 日 1回戦 (中日1勝、横浜、18:01、18823人)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9
中  日 0 0 1 0 1 0 0 2 0 =4
DeNA 0 0 0 0 0 0 0 0 0 =0

【投手】
(中)中田賢、山井、浅尾、田島−谷繁
(D)国吉、菊地、林、ハミルトン−黒羽根、鶴岡
【責任投手】
(勝)中田賢1試合1勝
(敗)国吉1試合1敗
【本塁打】
(中)
(D)
【戦評】
中日が引き分けを挟み、開幕から3連勝。中田賢は力のある直球を軸に6回1安打無失点。その後は継投で封じた。打線は三、五回に森野の犠飛で得点、八回は連続押し出し四球で2点を加えた。DeNAは打線が2安打と低調だった。


おおお!ドラゴンズ勝利です!!引き分けを挟んで開幕3連勝!!
負けません!単独首位継続です!!
そして、もっとうれしいのが中田賢一の勝利!!
6回1安打無失点というすばらしいピッチング!
昨年は開幕はローテにいたもののケガで離脱。2勝しかできなかった中田賢一の幸先よい勝利はドラゴンズの3連覇に大きく弾みをつけてくれることでしょう。
投手は中田の後は、山井、浅尾、田島とつなぎ完封リレーです。
打では、荒木さんがまたもや猛打賞。好調を持続しています。
得点は森野さんの2つの犠飛、相手の押し出し四球2つによる4点。
すかっとしたタイムリーはありませんでしたが、この得点で試合展開がグッと楽になりました。

繰り返します!ドラゴンズ3連勝です!!

では、ずたスポをお届けです!!
ご覧ください!!


2012/4/4
ずたたんスポーツ

ずたスポのテーマ
(クリックするとダウンロードできます)

《presented by 小谷隆様
ずたスポ4月4日号 竜3連勝!!中田賢一復活!!

中田賢一
復活!!


そうそう、期待のルーキー高橋周平がプロ入り初打席を迎えましたが。。。
結果はセカンドゴロ。
まあ、マスコミとかはホームランとか騒いでいましたが、あせることはありません。
将来は堂上兄弟たちとともにドラゴンズを支えてください!
あと田島投手も活躍していますね!
ルーキーの活躍にも注目です!!

ドラゴンズの勢いはどこまで続くかな?
明日も楽しみです!!

がんばれ!ドラゴンズ!!

がんばれ!ドラゴンズ!!


以上、横浜BvsD決戦!中田賢一復活!!でした!!

ネット記事はこのあと記載します。







スポニチ Sponichi Annex より
中日 4点完勝堅首!DeNA本拠地開幕戦白星で飾れず
DeNAは4日、本拠地・横浜スタジアムの開幕戦で中日と対戦した。DeNAはオープン戦無失点と期待の国吉が先発。左太腿の肉離れから復活のラミレスが今季初スタメンで4番に入った。中日の先発は中田賢
初回、中日は荒木、森野の安打で1死一、三塁とし、山崎が空振り三振も森野が盗塁に成功し2死二、三塁に。だが、和田も空振り三振で無得点に終わった。その裏、DeNAの攻撃が3人で終了。
2回、中日は先頭の井端が中前に落ちる安打で出塁も、後続が絶たれた。その裏、DeNAはラミレスが死球、森本が四球で1死一、二塁とするが走者を進められず。
3回、中日は先頭の荒木がストレートの四球で出塁し、続く大島のバスターが右前打となり無死一、三塁に。続く森野は左犠飛を放ち先制した。森野は「いい形でチャンスをつくってくれたので、とにかく先制点をと思って打った」と1、2番コンビに感謝。これで開幕から4試合続けて荒木が先制のホームを踏んでいる。だが、4番・山崎は見逃しの三振。和田は左飛と、好機に4番、5番が機能しない。
その裏、DeNAも2死から四死球で出塁するが、ラミレスは右飛。
4回、中日はこの日初の3者凡退。DeNAは中村の安打を足場に2死一、二塁の好機を築くが国吉は3球で見逃しの三振に倒れた。
5回、中日は中田賢が中前打で出塁。続く荒木の右安打で三塁へ。タイミング的にはアウトだったは、送球がそれてセーフ。その間に荒木も進塁し無死二、三塁。大島の当たりは、二塁の石川が好捕。だが、続く森野が今度はライトへ犠飛を放ち2点目。続く山崎は三振。
6回、DeNAは国吉に代わって菊地がマウンドへ。国吉は5回6安打2失点。6回はともに無得点。
7回、中日は先頭の中田賢に代え、期待のルーキー高橋周を打席に送る。だが、プロ初打席はフォークボールを引っ掛け二ゴロに倒れた。中日の二番手は山井。中田賢は6回、1安打、無失点。DeNAは代打・金城の安打などで2死二塁とするが、梶谷は空振り三振に倒れた。
DeNAの3番手は林。8回、中日は1死から和田がショートへの内野安打で出塁、井端も一、二塁間を抜く右前打で続いた。平田は四球を選んだ満塁機で谷繁が押し出しの四球を選び3点目。ハミルトンが4番手でマウンドに上るが、ディアスも押し出し四球で4点目。その裏、中日は浅尾が登板。3人をピシャリと仕留めた。
9回、中日は3人で交代。その裏、中日は浅尾に代わって新人の田島が登板。森本に四球も無失点で切り抜けた。

SANSPO.COMより
中日・中田賢“暴れ馬”復活!6回1安打5四球
中日の先発中田賢は、荒れ気味の速球で押し、“暴れ馬”と呼ばれていたかつてのスタイルを取り戻し、今季初登板で白星を手にした。
140キロ台後半の速球を連発し、6回1安打無失点。しかし5四死球と制球は安定せず「何とか粘って、最後の1本だけは打たれないように心掛けていた」とほっとした表情で話した。
昨季は大胸筋を痛め、入団以来で自己最低の2勝に終わった。「反省点ばかりで、一つでも良くしていきたい」と右腕は謙虚だったが、チームにとっては心強い1勝となった。(共同)

nikkansports.comより
【中日】高橋周プロ初打席は二ゴロ
1年目高橋周平投手(18=東海大甲府)のプロ初打席は二ゴロに終わった。7回に代打出場すると、DeNA菊地が投じた外角低めのフォークを引っかけて二ゴロ。試合後は「もっと余裕を持てれば良かった。ボール球でしたね」と悔しそうだった。

【中日】森野の2犠飛で3連勝
中日森野将彦内野手(33)が、2本の犠飛でチームの開幕3連勝(1分け)を導いた。まずは3回に荒木の四球と大島の右前打でつくった無死一、三塁のチャンス。横浜先発国吉の外角真っすぐを左翼に打ち返した。「いい形でチャンスをつくってくれたので、とにかく先制点をと打ちました」。5回にも1死二、三塁から右翼へ犠飛を上げ、チームのリードを2点に広げた。開幕から好調の3番が、早くも今季3度目の勝利打点でチームはがっちり首位をキープ。高木監督も「森野が2発(犠飛を)上げてくれたからね。ランナー三塁で点を取れるのはいこと」とエビス顔だった。

【中日】中田賢1年ぶり先発白星
 中日中田賢一投手(29)が1年ぶりの先発白星を挙げた。6回を1安打無失点。5四死球を与えたが粘り抜き、先発では昨年4月13日横浜戦(横浜)以来の勝ち星となった。「流れが悪すぎた。なんとか粘って、最後の1本だけは打たれないように心掛けて投げました。ブルペンは良かったけど、マウンドに立つと調子は良くなかった。チームの皆さんにたくさん声をかけていただいて、権藤さんもマウンドに来てくれて、良い間を取っていただいた。今日は反省点ばかりです。ひとつでもよくしていきたいです」。謙虚に反省の言葉を並べながら、喜びをかみしめた。



以上です!

ずたスポ4月14日号 竜3連勝!!中田賢一復活!!





posted by ずたたん at 01:44| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2012プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【野球】中日・高木監督、ふがいないベテランに怒り「3球三振じゃあな」
Excerpt: 1 :三毛猫φ ★ :2012/04/17(火) 22:05:08.68 ID:???0 中日は17日、巨人に1対4で敗れた。以下は高木守道監督のコメント。ふがいないベテランに怒りを表していた。「チ..
Weblog: 芸能スポまとめっくす
Tracked: 2012-04-18 08:01