2011年10月07日

竜鯉決戦第3R・竜5連勝!!ついに首位!!!


竜鯉決戦第3R!!!

竜鯉決戦!!

終盤ヒヤヒヤだったみたいですが…



【スコア】SANSPO.COMより
2011/10/6(木)
▼中 日−広 島 23回戦 (中日12勝9敗2分、ナゴヤドーム、18:00、24288人)
   1 2 3 4 5 6 7 8 9
広 島 0 0 0 0 0 0 0 0 3 =3
中 日 0 2 2 0 0 1 0 0 X =5
【投手】
(広)福井、今井、永川勝、大島−倉、白浜
(中)ネルソン、岩瀬−谷繁
【責任投手】
(勝)ネルソン29試合9勝14敗
(S)岩瀬54試合1敗36S
(敗)福井25試合7勝9敗
【本塁打】
(広)
(中)
【戦評】
中日が5連勝で5月以来の首位浮上。二回に荒木の2点適時打で先制、三回にも2点を奪い、六回は荒木の適時打で加点した。ネルソンが9勝目、岩瀬が36セーブ目。広島は九回に粘ったが2分けを挟む7連敗で今季の負け越しが決定。


ドラゴンズ、また勝ちましたー!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

つに首位です!!


中日ドラゴンズ首位!!




スポニチ Sponichi Annex より
中日、ついに首位浮上!9回ドタバタも逃げ切り5連勝
プロ野球、中日―広島23回戦は6日、ナゴヤドームで行われ、中日が5―3で逃げ切り5連勝。
ヤクルトが阪神に1―7で敗れたため、中日が首位に浮上した。
中日は一時、ヤクルトに10ゲーム差を付けられていたが、レギュラーシーズン残り13試合で首位に立った。
先発は中日がネルソン、広島はルーキーの福井。
中日は2回3四球で2死満塁とし、荒木の中前適時打で2点を先制。
続く3回にも2四球と送りバントで1死二、三塁として和田の中犠飛と平田の平田の右中間三塁打で2点を追加した。
6回には2死二塁から荒木の中前打で1点を加えた。
広島の先発・福井は4四球と制球に苦しみ、2回0/3で降板。中日・ネルソンは初回にバーデンに中前打を許したものの、2回以降は6回まで無安打の快投。
7回に2安打を許したが併殺で切り抜けた。
ネルソンは完封目前の9回、連打と死球で無死満塁のピンチを招き、栗原に左前適時打を浴びて降板。
代わった岩瀬も松山も中前打、赤松に中犠飛を許し、2点差まで迫られたものの、何とか逃げ切った。

SANSPO.COMより
10差大逆転!落合竜5連勝でついに首位浮上
今季131試合目、ついに落合竜が首位に立った。 
これが底力だ。相手が弱みを見せると徹底してそこを突く。
制球に苦しむ広島先発、D1位・福井(早大)に対し、好調竜が容赦なく襲いかかった。
「先制点が欲しかったので、いい形でとれて、よかったです」
二回だった。先頭の谷繁が捕邪飛に倒れた後、和田が四球を選ぶと、平田も四球。
続く大島の3球目まで何と9球連続ボール。
大島は遊飛に倒れたものの、9番・ネルソンがカウント1−2と不利になっても、必死で球を選び、四球。
満塁として、好調・荒木が中前へと弾き返した。
二走・平田も生還。わずか1安打で貴重な2点がスコアボードに刻まれた。
三回も連続四球から好機を作り、一死二、三塁で和田がキッチリと中犠飛。
「楽な状況でつないでもらえたので、とにかく点をとろうと考えて打席に立ちました」と笑顔を作ると、さらに二死二塁から平田が左中間突破の適時三塁打で中押しに成功。
平田は「うまくタイミングが合いました。たくさん点差を広げて、連戦なので中継ぎ陣を楽にさせたいと思って、点を取ろうと思いました」と胸を張った。
前日5日から2軍調整を続けるグスマンが1軍練習に合流した。
2日連続で昇格は見送られたが、先発ローテの一角だったソトが故障で戦線離脱中。
外国人枠が1枠空いているため近日中に昇格する見込みだが、1軍選手を目に見えるところに置き、競争心をあおる落合監督の手腕は見事といえる。
試合は終盤も追加点を挙げ、広島に快勝。
首位・ヤクルトも阪神に敗れ、ついに1ゲーム差をつけて首位に返り咲きだ。
最大10ゲーム差をひっくり返しての逆転優勝ならば球団史上最大となる。
名将の目はその快挙に向け、自信に満ちあふれている。

nikkansports.comより
【中日】5連勝で首位!5月30日以来!
中日が5−3で広島の猛追をしのいで5連勝。ヤクルトが敗れたため、5月30日以来の首位に浮上した。
ヒーローインタビューのお立ち台に立った勝ち投手のマキシモ・ネルソン(29)は「チームの流れがいいので、流れを変えないことを心がけて投げた。バッターの援護に助けられた」と話した。


▼おすすめYouTube動画 by pyz9さん
'11/10/06 荒木雅博 3打点!首位浮上!これからが勝負!


'11/10/06 『メークドアラ』への苦しみ最終回


'11/10/06 奪首「これからが勝負!」荒木,ネルソン ヒーローインタビュー


'11/10/06 C 3-5 D○ Dragons 首位浮上


夢じゃないでしょうか。
正直、あんなに弱かった今年のドラゴンズ。
気がつけば、あれよあれよと勝ちだして、あれだけゲーム差があった東京ヤクルトスワローズを追い越しました!!

なかなか点が入らなかった時も、ドラゴンズの優勝をあきらめたことは一度もありませんでした。
それが本当に優勝が現実になろうかという段階に来ると、あらためて感動がこみ上げてきます。
もちろん、まだどうなるかは分かりませんが、最大10ゲーム差をひっくり返しての奪首。
強い落合ドラゴンズに大感動です。

大事なこの時期に絶好調のドラゴンズ。
このまま、ゴールを切ってほしい!

次は巨人戦。これももちろん必勝だーー!!

がんばれ!ドラゴンズ!!

必勝!!



さて、ドラゴンズの首位は大いにめでたいですが、こちらの話題も非常にうれしい!

吉見投手月間MVP初受賞!!
おめでとうございます!!

吉見一起!!

スポニチ Sponichi Annex より
6年目の初受賞 吉見「後半戦で取れてうれしい」
中日の吉見は6年目で初受賞。9月は5試合で1完封を含む5勝を挙げてチーム躍進の原動力となった。
右腕は体調が良かったことを要因に挙げ「後半戦で(賞を)取れてうれしい。粘り強く自分らしさを出せた」と話した。
昨オフに右肘の手術を受けたことが奏功し、2年ぶりの最多勝も視野に入れている。
「(タイトルは)おまけで付いてきたらいい。チームが勝つように責任感を持ってやっていきたい」と、佳境に入ったペナントレースをにらんだ。


いちばん大事な時に安定感抜群の吉見投手がフル活躍してくれたおかげで、ドラゴンズの今の位置があります。
最多勝獲得後もきっとクライマックス、日本シリーズとこの先長いですが、悲願の完全制覇までドラゴンズを引っ張っていってください!!
がんばれ!吉見投手!!



以上、竜鯉決戦第3R・竜5連勝!!ついに首位!!!でした!!!!








posted by ずたたん at 01:14| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011プロ野球!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。