2006年08月11日

HANSHINとGOSHIN


ナゴヤ竜虎決戦、いざ、勝負!!



11日から、いよいよ竜虎決戦!!

ナゴヤドームで、セ・リーグの行方を左右する戦いが繰り広げられます。

10日はドラゴンズ、試合なし。

川上憲伸!! 初戦の先発が予想される川上憲伸様は、ナゴヤドームで調整を行って、その後は入念なケアを行ったとのこと。

昨年は、この時期には、阪神に痛い目にあった憲伸様。

明日の竜虎決戦第1Rは、チームにとっても憲伸様にとっても大事な一戦になりそうです。

ゲーム差はありますが、チーム一丸となって、猛虎を倒してほしいです!!



ところで!!

猛虎阪神は、横浜でベイスターズと試合があったのですが…

大荒れな展開となったようですね…。


時事通信社より

阪神・矢野が暴行で退場処分=5回、判定に猛抗議−プロ野球
2006年8月10日(木) 21時1分 時事通信
 阪神の矢野捕手は10日の横浜15回戦(横浜)の5回の守備で、判定に抗議して球審に暴行を働いたとして退場処分となった。
 この回、横浜は1点を奪ってなおも二死二、三塁。打者石井に対し2−3から安藤の低めへの投球が暴投となった。しかし、矢野は石井のバットに投球が触れたファウルと抗議。この際に有隅球審に暴行を働いた。
 矢野が抗議し、ボールを追わなかったため、横浜の走者は2人とも得点。四球の石井も二塁まで進んだ。このプレーをめぐって阪神側が抗議を続け、試合は14分間中断。一塁塁審を務めた渡田責任審判は「4人の審判とも石井のバットにボールが当たったことが確認できなかった」と説明した。
 阪神球団は「明らかな誤審」として、11日にも連盟に抗議文を送付することにしている。 



なんともまあ…。

ニュースで映像を見ましたが、あれはバットに当たってますよねぇ。
公平に見て、ファウルでしょう。
矢野さんが激怒するのも分かります。

最近、微妙な判定が多すぎますね。
審判の権威がどんどん下がってしまいます。
もちろん、審判がゼッタイな存在なのは分かりますが、こう続くと、審判もよけいなプレッシャーがかかり、さらにミスが増えるのではないでしょうか。

せっかくの選手たちのプレー、ファンの声援が台無しになります。

やはり、すべてを丸く治めるのは、ビデオ判定の導入ではないでしょうか…。
あくまでも、個人的な意見ですが、今のままでは、選手・ファンと審判との信頼関係が崩壊しそうな気がします。
審判に方々に余裕を持ってジャッジをしていただくためにも必要だと思います。

すべてが、すべて、ビデオ判定にする必要はないですが、あくまでの最後の手段として導入した方がいいと思うなあ・・・・・。

さて、矢野さんが退場した、試合の結果はどうだったのでしょう。


SANSPO.COMより

2006/08/10(木) セントラル・リーグ公式戦
▼横 浜−阪 神 15回戦
(阪神12勝3敗、横浜、18:00、21728人)
阪 神 0 2 0 0 0 3 0 1 0=6
横 浜 0 0 0 0 4 5 1 0 X=10
●投手
(神)安藤、金沢、江草、太陽−矢野、野口
(横)吉見、木塚、川村、加藤、クルーン−相川
●責任投手
(勝)木塚39試合2勝1敗
(敗)金沢24試合3勝1敗
●本塁打
(神)金本15号ソロ(8回、加藤)
●戦評
 両軍計7失策、阪神矢野が退場になるなど荒れた。横浜は4−5の六回に相川、小池の適時打など5安打で5点を奪って逆転。先発全員の14安打と打ち勝ち、連敗を4で止めた。阪神は六回に2失策などミスが目立ち、6連勝ならず。


横浜・牛島監督は勝ってニガ笑い…
 大荒れの試合に、横浜・牛島監督は「勝ってよかったとしかコメントしようがないな」とニガ笑いだった。0−2から失策で1点を返した五回、さらに石井への投球の判定をめぐって混乱する間に2走者が生還して逆転(記録は暴投と捕手の失策)。この場面については「ノーコメント」と沈黙したが「エラーは出るし、何かが起こりそうな感じだったな」と乱戦をぐったりした様子で振り返った。

★阪神ストレスたまる黒星…岡田監督はぶぜん
 阪神は五回、2−1と横浜に追い上げられ、なおも二死二、三塁。安藤が石井に投げたフルカウントからの6球目は、ワンバウンド後にバットに当たり、ファウルとなったように見えた。しかし、判定は「ボール」。これに激高した矢野が有隅球審を手で突き飛ばし、退場処分となった。
 ボールが転々とする間に、2走者が生還(記録は暴投と矢野の失策)。ベンチを飛び出した阪神のコーチ、選手が審判団ともみ合い、球場内は騒然となった。
 結局、判定は覆らず、猛抗議も実らなかった岡田監督は試合後「誤審か」の問い掛けに「知らん、知らんわ。誰が見ても分かるやろ。野球を駄目にする」とぶぜん。矢野は「(バットに)当たってなかったら、恥ずかしくてよういわんわ。確信があるからいうんよ」と悔しさをあらわにした。
 このハプニングがナインの集中力を奪ったのだろうか。直後の六回に3点を奪って5−4と逆転したが、その裏、2失策に5安打などで今度は5失点。万事休す。首位中日との直接対決を前に何とも後味の悪い敗戦となってしまった。

★阪神・矢野が暴行退場
 阪神・矢野輝弘捕手(37)は10日、横浜15回戦(横浜)で審判員への暴力行為により、退場処分を受けた。
 矢野は五回の守りで二死二、三塁、フルカウントからの投球をファウルと主張したが認められず、ボールと判定されたことに激高し、有隅球審を手で突いた。この判定をめぐって岡田監督が猛抗議。コーチ、選手が審判団ともみ合い、試合が14分間中断した。



・・・・・牛島監督も、誤審だと思ったんでしょうね…。

阪神が誤審で意気消沈?
連勝が止まり、ドラゴンズとのゲーム差は5.5になりました。


阪神は、このいやーーなムードの余韻を持って、ナゴヤドームにやってきます。
お願いだから、竜に八つ当たりはしないでね…。




ナゴヤドーム竜虎決戦…



燃える!タイガーステルくん!!

負けられないタイガース!



燃える!ドラゴンズテルくん!!

引導を

はっきりと

渡してしまうのか?

ドラゴンズ!




注目です!!



以上、HANSHINとGOSHINでした!!



◆8月10日のプロ野球結果
ヤクルト 7-2 読 売
横 浜 10-6 阪 神
オリックス 1-11 西 武
ソフトバンク 1-0 日本ハム


Dragons 中日ドラゴンズ-公式ブログへ!!

人気ブログランキングへ!!

にほんブログ村 野球ブログへ!!

習慣ベースボールへ!!


 

posted by ずたたん at 00:15| 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 2006 EXCITING GAMES!! 夏!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

あと数時間で、今夜のプレイボールです。
猛烈なスピードで仕事をしていたので、
ややハイテンションでしたが、そろそろ
ソワソワしてくる時間帯です(笑)。

先発が気になりますが、やはり憲伸投手
でしょうか?

それと、明日はナゴド来場の前に
ナゴヤ球場のウエスタンリーグも
観に行きたいと思っているのですが、
最近の愛知県の暑さはいかがでしょうか??
Posted by ドライチ at 2006年08月11日 15:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22196027

この記事へのトラックバック

いわゆるひとつの判定負け?
Excerpt: ←早期復帰を望む 8月10日:横浜−阪神15回戦、阪神12勝3敗、観衆21,728名 阪 神 020 003 010 6 横 浜 000 045 10X 10 【阪神】安藤、●金沢(3勝1..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道
Tracked: 2006-08-11 05:24