2006年07月22日

続!!これぞオールスターゲーム!!〜憲伸VS新庄!!〜

昨日、大盛り上がりだった神宮でのオールスターゲーム第1戦。
朝のスポーツ紙やネットなどを読んでみると、僕の知らなかったことがありました。

ピッコロ大魔王とか…(^ ^;)

川上憲伸VS新庄剛志の対決での憲伸様の暴投、あれはやはり、事前に打ち合わせがあったみたいですね。
予想通りでした。

今回は、改めて、オールスター第1戦についての追加記事のアップです。

先の「これぞオールスターゲーム!!」でアップしたずたスポは、テルくんずにオールスターのロゴがかかりすぎていたなど、直したい所があったので、ほんの少しだけ、修正しました。



2006/7/21
改ずたたんスポーツ

2006
オールスターゲーム
第1戦!!


ずたスポのテーマ
(クリックするとダウンロードできます)

《presented by 竜党元帥小谷隆様


ずたスポ7月21日号改 見所満載2006オールスター!!

拡大画像


見所満載!!

オールスターゲーム

IN

神宮!!









中日スポーツHPより

新庄、人間電光掲示板
憲伸の暴投が合図

プロ野球サンヨーオールスターゲームは21日、神宮球場で第1戦が行われ、日本ハム・新庄剛志外野手(34)は、ベルトのバックルに仕込んだ電光掲示で、公約通りのパフォーマンス。全セの先発に立った川上憲伸投手(31)もストレート中心の力勝負、新庄との対戦では大暴投で“新庄劇場”をアシストするなど、満員のファンを沸かせた。試合は全セが3−1で全パに逆転勝ちした。
 中日・川上の大暴投が、新庄劇場開演の合図だった。初回2死、カウント1−0。白球が背中を通過した直後、新庄は黒いベルトをイジった。すると、バックル部分に電光掲示板が現れ、テレビの字幕のように、英語の文字列が次々と映し出された。内容は、ファンへのメッセージだった。
 「NEVER MIND WHATEVER I DO!! FAN IS MY TREASURE ! !!!」(ほっとけ、オレの人生だ。ファンはオレの宝物だ)
 直後のテレビインタビューで「ベルトで変身したかったんですけど、目立ちましたか? 3カ月前から考えていたんです」と笑顔を浮かべた新庄。
 実は、川上に演出を“根回し”していた。球宴直前に電話で綿密な打ち合わせをしていたのだ。「(暴投を)打診したら、ああいうことしてくれて…。うれしかった」。相手エースの粋な行動に、感銘を受けた様子だった。
 実は、もっとド派手な演出を予定していた。球宴出場が決まった直後のこと。「(演出実行は)国の許可次第です。もう死ぬくらいしかないでしょ」と予告。関係省庁などにヘリコプター、また、背負い式ジェット噴射の器械の申請を出していた。しかし着陸許可が下りず、やむなく中止になったという。
 そんな経緯がありながらも超満員のファンを沸かせるあたりは、さすがプリンス。掲示板ベルトのほかにも、金色の手袋とスパイク、そして七色のバットを使用した。「(バットは)レインボーカラー。いろんなカラーを持った人間という意味でつくりました。スパイクは野ウサギです」と説明。バットは8回に岩瀬に折られたものの、その存在感は際立っていた。
 “本業”でもファンを沸かせた。初回にカウント2−2から川上の直球を左翼線二塁打すると、7回には二岡の飛球をダイビングキャッチ。顔面を強打しながらも、ボールは離さなかった。MVPは青木に譲ったが、優秀選手賞をゲットした。
 ベルトは気前よく、ファンにプレゼントした。スタンドには夫人の姿もあった。帰り際には「あしたの演出? 言ったら、面白くないでしょう。地元だから期待してほしい」と不敵な笑みも−。22日は地元九州での球宴開催。エンターテイナー・新庄がプロ14年間の集大成を見せる。(清水裕介さん)

憲伸、初失点も気迫の投球
球宴劇場“助演賞”

 初回、この日プロ野球ファンの視線を一身に集めていた新庄との対決だった。豪快な空振りを取った後の2球目、バックネットに突き刺さる大暴投。球場のどよめきを誘うと、すかさず新庄が、電光ベルトのスイッチを入れ、見事“変身”を成功させた。
 「約束してたかは内証ですね。でも変身すると試合前に聞いていたので、どっかで演出しないとと思っていた」。5球目、“パワーアップ”した新庄に左中間二塁打を打たれてしまったが、引退の決まっている人気者のパフォーマンスをしっかり手助けした。
 ルーキーイヤーだった98年以来のファン投票選出。そして栄えある第1戦の先発だった。98年は3イニング2安打無失点でMVPを獲得する主役だったが、今回は名脇役を演じきった。
 それでも最大の特徴である気迫のこもった投球で、パを代表する9人の打者に、真っ向から立ち向かった。投じた28球は、145キロ近い速球と、140キロを超すカットボールの2つのみで、コースもすべて外角に集めた。「オールスターでしかできないような投球がしたい」。そう語っていたとおり、ボールが悟られていても構うことはなかった。
 新庄を二塁に置いた場面では、対戦を熱望していた清原が打席に立った。フルカウントまでもつれ、独特の緊張感が球場を包んだが、6球目を二ゴロに打ち取った。「6球も勝負ができてよかったですよ」と、真剣勝負を満足げに振り返った。
 2回、同じ徳島県出身で1歳年下の里崎に右翼席に運ばれ、球宴通算7イニング目での初失点。「セで僕だけ点を取られたのでショックですね。でも自分の役割は無難にできたと思う」。竜のエースとしてのプライドをチラリとのぞかせ、まだ祭りの余韻が残る球場をあとにした。(原田遼さん)


SANSPO.COMより

ファン楽しませた新庄!ラスト球宴まさに“MBP”級大活躍
 (サンヨーオールスター戦、全セ3−1全パ、第1戦、全セ1勝、21日、神宮)華やかな舞台で、またも輝いた。水もしたたる“お祭り男”。ラスト球宴に臨んだ新庄が七回、二岡の打球を間一髪のダイビングキャッチ。地面にたまった雨水で全身ビショビショ、顔面も強打しながらの美技で、大歓声と大爆笑を巻き起こした。
「鼻とおでこ(を打った)。笑いとれた? うん。よかった」。試合前の公約通り、MB(爆笑)P級の活躍。プリンスは満足げにキラリと歯を見せた。
 もちろん、打撃でも目立つ。昨年の“黄金バット”に続き、今年は金や紫に輝く「レインボーカラーバット」を3本持参。1本は折れてしまったものの、一回に左翼線二塁打を放つなど、ド派手な“武器”を振り回した。
 恒例のサプライズも健在。電光文字盤がついたベルトで打席に入ると、川上の“危険球”でスイッチオン。「NEVER MIND WHATEVER I DO!! FAN IS MY TREASURE!」(ほっとけオレの人生だ。ファンはオレの宝物)とメッセージを流し、熱い思いをファンに発信した。
 その裏で、実は大きな夢がついえていた。球宴出場が決定した際「(サプライズは)国の許可次第でしょ」と話していた新庄。ヘリを使って上空から登場するプランを計画していたのだが、航空法などの問題で断念せざるをえなかった。その分も合わせてハッスル。七回のプレーで、確かに新庄は飛んでいた。
 スタンドでは今季初めて夫人の志保さんも観戦。最後の姿を目に焼き付けた。「次(第2戦)は地元の九州だから期待してほしい」。球界に多くの足跡を残したプリンスが、いよいよ球宴の舞台に別れを告げる。(本間翼さん)


◆新庄の“レインボーバット”を折った全セ・岩瀬(中日)
「とにかく、真っすぐで行こうと…。球種を見せようかとも思ったんですが、それはやめました。僕の性格です」




絵になる2人ですね〜。
それを表現する、それぞれのスポーツ紙の新聞記者様の記事も、すばらしいものです。

憲伸様が新庄さんのサプライズパフォーマンスの手伝いをするなんて、予想をしていなかっただけに・・・・
ドラファンとしてはちょっと、うれしいですね。


あと・・・・

SANSPO.COMより

★度肝抜いたピッコロ森本!
選手紹介でファンの度肝を抜いたのが、新庄のチームメートの森本(日本ハム)。顔を緑色に塗り、ツノを装着。アニメ『ドラゴンボール』のピッコロ大魔王にふんして登場した=写真。試合前、約20分かけて変身した森本は「寝ていたら顔色が悪くなって、角が生えていました」とニヤリ。新庄に負けないファンサービスだった。


これは、知りませんでした。
ドラゴンズとともに「ドラゴンボール」好きの僕としては、チェックミスでした…。
森本選手が、新庄選手の命令で、なにかをやるということは以前、新聞で読んだことがありますが、まさかピッコロ大魔王とは…。

昨日のオールスターのは録画したのですが、映ってるかな…。今からチェックします!

2006オールスターゲームテルくんず


さあ、今日の夜は、オールスター第2戦です!!


どんな展開になるのか?

今から楽しみです!!




がんばれ!!

球宴竜戦士!!




以上、続!!これぞオールスターゲーム!!〜憲伸VS新庄!!〜でした!!


Dragons 中日ドラゴンズ-公式ブログへ!!

2006サンヨーオールスター公式HPへ!!

人気ブログランキングへ!!

にほんブログ村 野球ブログへ!!

習慣ベースボールへ!!


 

posted by ずたたん at 13:58| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 2006 EXCITING GAMES!! 夏!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
森本ひちょり君のペインティングは
天然のスキンヘッドの持ち主である
ひちょり君だからこそ出来た
パフォーマンスであります(^^)。
第1戦ではパフォーマンスで魅せてくれましたが
今日の第2戦では1発を打って
見事に優秀選手賞+新人MVPを受賞して
プレーの実力でも魅せてくれましたよ!\(^o^)/

北海道のローカルFIGHTERS応援番組でも
面白いコメントをしてくれて
実力でも人気でも上昇中のひちょり君を
今後とも宜しくお願いいたします。

まだFIGHTERSファンでなかったころだけど
東京のひちょり君の実家である焼肉屋に
行って食べたことのある私でした(^^)。
Posted by 浜☆星奈 at 2006年07月24日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21200557

この記事へのトラックバック