2006年06月21日

千葉ロッテマリーンズ交流戦V2!!

交流戦の全日程が終了しました!!

まずは最終決戦の結果は・・・・

◆6月20日の交流戦結果
ヤクルト 2-4 日本ハム
阪 神 2-0 ロッテ
広 島 1-2 西 武
楽 天 8-3 読 売



おおお!千葉ロッテは負けたものの、東京ヤクルトも負け!!

と言うことは・・・・




2006/6/20
ずたたんスポーツ


ずたスポのテーマ
(クリックするとダウンロードできます)

《presented by 竜党元帥小谷隆様


ずたスポ6月20日号 千葉ロッテマリーンズV2!!


拡大画像


マリーンズ

交流戦優勝!!

おめでとう!!


あっぱれ!

2連覇!!



SANSPO.COMより

2006/06/20(火) 交流戦
▼阪 神−ロッテ 最終戦 
(阪神5勝1敗、甲子園、18:00、34713人)
ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0=0
阪 神 0 0 1 0 0 1 0 0 X=2
●投手
(ロ)小野、高木、バーン、藤田、神田−里崎
(神)福原、藤川、ウィリアムス、久保田−矢野
●責任投手
(勝)福原7試合4勝1敗
(S)久保田36試合4勝5敗16S
(敗)小野12試合4勝5敗
●戦評
 阪神が4投手の無失点リレーで快勝。福原は6回4安打の好投で4勝目。七回以降は藤川、ウィリアムス、久保田で締めた。打線は三回、金本の適時打で先制。六回に片岡の中犠飛で加点した。ロッテは好機であと1本が出なかった。

2006/06/20(火) 交流戦
▼ヤクルト−日本ハム 最終戦
(3勝3敗、神宮、18:00、12811人)
日本ハム 0 0 1 0 0 0 0 3 0=4
ヤクルト 0 0 0 0 1 0 1 0 0=2
●投手
(日)立石、清水、押本、橋本、岡島、武田久、マイケル中村−鶴岡、中嶋
(ヤ)丸山貴、高井、館山、木田、松井−福川
●責任投手
(勝)岡島21試合1勝2敗1S
(S)マイケル中村32試合1勝19S
(敗)木田28試合2勝2敗2S
●本塁打
(日)セギノール11号3ラン(8回、木田)
(ヤ)宮出4号ソロ(7回、橋本)

【戦評】
 日本ハムは1−2の八回一死一、二塁でセギノールが木田から逆転の11号3ランを放った。5番手の岡島が今季初勝利。マイケル中村が19セーブ。ヤクルトは4番手の木田が誤算。3連敗で、ロッテと並ぶ交流戦優勝を逃した。



ロッテが交流戦連覇!ヤクルト敗れ単独V
(交流戦、阪神2−0ロッテ、最終戦、阪神5勝1敗、20日、甲子園)
 プロ野球の「日本生命セ、パ交流戦」は20日、2連覇を決めていたロッテの2年連続単独優勝で全日程を終了した。ロッテは阪神に0−2で敗れたが、同率優勝の可能性があった2位ヤクルトも日本ハムに2−4で逆転負けした。
 ロッテには優勝賞金5000万円が贈られる。最優秀選手(MVP)は22日に発表される。
 ヤクルトは2−1とリードした八回、木田がセギノールに逆転3ランを浴びた。3位には阪神、中日が4位に入り、セ・リーグ1位で交流戦に入った巨人は、この日も楽天に3−8で敗れ、13勝23敗と大きく負け越し11位に終わった。昨年最下位だった楽天は17勝19敗で7位タイだった。
 交流戦の対戦成績はパの108勝107敗1分けで、パが2年連続で勝ち越した。
 同一リーグとの対決は23日から再開される。

★若手が台頭、戦力厚み増す−交流戦2連覇したロッテ
 五回二死一、三塁。そこまで4回1失点とまずまずの投球をみせていた小野に代え、平下を送って勝負に出たが二ゴロ。七回は二死二、三塁と藤川を攻めたが、ベニーが空振り三振。阪神の投手陣に封じられ、有終の美を飾れなかったが、ヤクルトの敗戦で交流戦の単独優勝が転がり込んだ。
 リーグ連覇を目指すロッテにとって実りある交流戦となった。20歳左腕の成瀬がプロ初勝利を含む3勝をマーク。2年目の大松は巨人戦で殊勲本塁打を放つこと3度。6年目の青野は満塁本塁打でプロ1号を飾った。
 実績に乏しかった若手が頭角を現し、バレンタイン監督はシーズンを戦い抜く手応えをつかみ取った。「スタープレーヤーがいなくても勝てる試合があると分かった。チームはまた一つ、ステップが上がったと感じている」と胸を張った。
 昨季は交流戦の初代王者を足掛かりに、日本一に登り詰めた。唯一リーグ戦を1位通過できなかったのが心残りになっていた。ロッテが狙うは“完全制覇”。連覇を達成した交流戦で戦力に厚みを増し、首位固めの態勢は整ったと言っていいだろう。


頼みの木田が痛恨の一発−交流戦優勝逃したヤクルト(交流戦、ヤクルト2−4日本ハム、最終戦、3勝3敗、20日、神宮)
 高々と上がった打球がバックスクリーン左に吸い込まれる。優勝へのシナリオは、目前でもろくも崩れた。「最善は尽くしたと思う」と古田監督。ヤクルトは八回に救援の軸、木田がセギノールに逆転3ランを喫し、ロッテと同率での交流戦優勝を逃した。
 木田はこの試合を迎えるまで、27試合に登板し防御率1・69。厳しい場面で幾度もチームを救い、ベンチの信頼度は群を抜いていた。試合は七回に宮出の本塁打で勝ち越し、八回の日本ハムは1番からの好打順。木田投入は万全の策だった。
 一死後に安打と四球で一、二塁となり、打席にはセギノール。カウント2−0から、外角に流れながら落ちるフォークボールにバットが届いた。捕手・福川が「本塁打になるような球じゃない」と言う厳しいボール。だが、合わせただけのようにも見えた打球は、怪力に運ばれ外野フェンスを越えた。
 交流戦では快調に白星を積み重ねたが、最後に3連敗と失速。ロッテが阪神に敗れ、勝てばタイトルが手に入るはずだったが…。古田監督は「全力を出してこういうことがあるのは仕方がない」と、自分に言い聞かせるように話した。



交流戦成績

1 ロッテ  36試合 23勝 13敗 0分 勝率.639
2 ヤクルト 36試合 22勝 14敗 0分 勝率.611
3 阪 神  36試合 21勝 15敗 0分 勝率.583
4 中 日  36試合 20勝 15敗 1分 勝率.571
5 ソフトバンク 36試合 20勝 16敗 0分 勝率.556
6 西 武  36試合 19勝 16敗 1分 勝率.543
7 日本ハム 36試合 17勝 19敗 0分 勝率.472
7 楽 天  36試合 17勝 19敗 0分 勝率.472
9 広 島  36試合 16勝 20敗 0分 勝率.444
10 横 浜  36試合 15勝 21敗 0分 勝率.417
11 読 売  36試合 13勝 23敗 0分 勝率.361
12 オリックス  36試合 12勝 24敗 0分 勝率.333




マリーンズ、やはり強い!!

開幕からWBC疲れ(?)で足踏みしていたのが嘘のようです。

5000万円GET!!

リーグVも見えてきましたね!


あと、大躍進の東京ヤクルトスワローズ!!

交流戦序盤は、驚異の勝ち方でした!

最後の最後、日ハムセギノールの逆転3ランで、同率優勝が寸前で消えてしまいましたが、この成績は文句なしだと思います!
セ・リーグの優勝争いに食い込んでくるかも。
昨日も書きましたが、不気味な存在です…。


我がドラゴンズは4位!
よかった♪よかった♪


昨年は序盤ボロボロで9位だったことが遠い遠い昔のこととなりました!

川上憲伸様、佐藤”KABAちゃん”ミツルくんが特に凄かった!!

チーム防御率は、ダントツの2.07!!

この投手陣の勢いが続けば、優勝も悲願の日本一も十二分に期待できますね!!


さあ!今のセ・リーグ順位は・・・

1 中 日  63試合 36勝 25敗 2分 勝率.590 ゲーム差
2 阪 神  66試合 38勝 27敗 1分 勝率.585 0.0
3 読 売  68試合 34勝 32敗 2分 勝率.515 4.5
4 ヤクルト 65試合 33勝 32敗 0分 勝率.508 0.5
5 広 島  66試合 28勝 36敗 2分 勝率.438 4.5
6 横 浜  66試合 23勝 41敗 2分 勝率.359 5.0


ドラゴンズ、かろうじて首位を堅守!!

週末の読売戦に勝ち越してなんとか首位をキープしてもらいたいですね!!

レギュラーシーズン再開後はロケットスタートあるのみです!!



がんばれ!!

ドラゴンズ!!




以上、千葉ロッテマリーンズ交流戦V2!!でした!!



Dragons 中日ドラゴンズ-公式ブログへ!!

人気ブログランキングへ!!

にほんブログ村 野球ブログへ!!

習慣ベースボールへ!!


(^ ^;)プチひとり言
燃えよドラゴンズ!2006が出るそうです。歌うのは MoeDraGirl なる美少女4人組!!初の女性ボーカルでありユニット!
僕は今までの水木一郎さんのがいいと思うのですがですが…実際に聞いてみないことには何とも…。
ドームでの合唱バージョンも変更になるのだろうか…。
燃えよドラゴンズの動向が気になります!!


  
posted by ずたたん at 02:26| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 EXCITING!!セ・パ交流戦!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19585666

この記事へのトラックバック